夢はでっかく一国の主! 政治と経済が学べるMMORPG 君主online

GAME START

NPC

TOP > 君主とは > NPC

  • 咲夜
  • フィーユ
  • ジーク
  • コルレット
  • アクシア
  • カマサ
  • ガンフォウ
  • クマ
  • クララ
  • クロード
  • ジャン
  • ジュダイ
  • シリュウ
  • ティア
  • ファーナ
  • フドウ
  • マサキ
  • マルアーニ
  • ミスターM
  • 案内人
  • 弐号式
  • 貿易商人
  • ヂド/リコ
咲夜(さくや) > 所在地:トキヤ城下町

何千という時を生きるラティウスの巫女。彼女がラティウスの巫女である、ということ以外は何もわかっていない。
普段はトキヤの街角で冒険の初心者などに基礎知識などを親切に教えている。時には君主のサポートを行ったり、エルマシアの危機の際には指示を取ったりとなんでもこなす。
その可愛い容姿と誰に対しても親切な姿からファンも多い。
エルマシアの世界に足を踏み入れたなら、まずは彼女の教えをじっくりと聞いてみよう。

フィーユ > 所在地:トキヤ城下町

トキヤの宮廷で炊事を担当する。料理の腕前は宮廷内でもトップクラスである。
ただ、要領が悪いことと、ドジな性格の為、仕事がはかどらない。だが、持ち前の明るさと可愛い笑顔ですべて帳消しになっている。

最近は宮廷内、というよりとある貴族の息子のお付き料理人となってしまった為、何かと忙しいらしい。

彼女を訪ねる時、何か困ったことがあったら相談にのってあげよう。お礼はしっかりともらえるぞ!
ただ、なんだか利用されている感もあるのだが…。

ジーク > 所在地:トキヤ城下町

トキヤ(君主城)で、主に警備や場内の兵士に剣の指導をする武官。文武両道で、貴族の生まれで将来を約束された身だったが、ある事件を元に家を出て、自らの身分を隠し、現在の地位に就いた誠実で真面目な青年である。

最近は活発化してきたモンスターの対応に追われる多忙な日々らしい。

彼を訪ねると、初級レベルのモンスターから順に、モンスター退治を依頼されるぞ。彼の仕事を手伝うと同時に、レベル上げも出来て、達成すれば報酬も貰える!咲夜から一通りの事を学んだら、必ず彼の話を聞いて、依頼を受けてみよう。

コルレット > 所在地:トキヤ城下町

幼いながらに行商を営む健気な娘。両親を事故で亡くしてから、一人で生きていくために商人となった。そのためか、お金に対する執着心が強く、その可愛い顔とは裏腹に、あこぎな商売をしている。

彼女に話しかけると、アイテムを販売してくれる。
但し扱っているのは初級アイテムのみ。

アイテムを買い取ってくれるが、需要によって相場の変わるマーケットとは違い、いつでもなんでも同じ値段で買い取られてしまう。

アクシア > 所在地:トキヤ城下町

その容姿とは裏腹に、重厚な斧を製造するエルマシアを代表する匠。斧製造で彼女の右に出るものは無く、造られたその斧で断てぬものはないと評判。

年頃の娘だが、男性との交友は無く、今はただ最高の斧を作ることだけが、彼女の生き甲斐らしい。

彼女を訪ねると斧製造について色々と指南してもらえる。そのハートを射止めるのは貴方の作った斧かそれとも…。

カマサ > 所在地:トキヤ城下町

元々は森の狩人だったのだが、より強く効率の良い弓を自作しようと試行錯誤を重ねるうち、エルマシアでトップに立つ弓職人となった匠。
おとなしい性格で、あまり自分の弓を戦争に使って欲しくないと思ってはいるが、言い出せない。

彼を訪ねると弓製造に関して親切に教えてくれるだろう。
その弓で何を射るかは使い手次第…。

ガンフォウ > 所在地:トキヤ城下町

エルマシア史上、最年少で銃製造の匠となった少年。火薬の扱いから銃機器の扱いまで、その知識と技術は少年とは思えぬほど。
いつも火薬のススで黒ずんだ顔をしているが、その笑顔は目も眩むほどにまぶしい。日々、最高の銃を作る為、研究と鍛錬を欠かさない努力家でもある。

彼を訪ねると、銃の製造に関して教えてくれる。
彼の教えを受けて造られた銃はその想いを弾にしてどこまでも…。

クマ > 所在地:トキヤ城下町

トキヤの片隅で常に酒を飲んで赤い顔をしている大工。経験豊富で腕も超一流なのだが、酒癖が悪く、あまり仕事の依頼は来ない。
トキヤの設計から建築まで携わった大工のプロ。

ある程度経験を積んだ冒険者に、課題を課してくる。その課題を終えると、褒章を貰えるぞ。
何度でも課題は与えられるので有効に利用しよう。

クララ > 所在地:ホーハン付近

狐のような耳としっぽが生えていて、狐のお面を常にかぶっている不思議な少女。泣き虫で、常に涙を浮かべている。普段はずっとホーハン国の近くに佇んでいる。

何故か、不思議なチケットを取り扱っていたり、解約された倉庫のアイテムを預かったり、相場について教えてくれたりする。

その正体や仕事で得たお金の行く末などは一切不明。だが、その健気な様子と可愛らしい容姿から、周りの人間も気にしていない様子だ。

クロード > 所在地:トキヤ城下町

元々は髪の毛溢れるナイスガイだったが、兜製造という仕事ゆえに試着を繰り返していたところ、見事にハゲてしまった兜製造の匠。自己犠牲の甲斐もあって(?)、今や兜製造で彼の右に出るものはいない。

但し、その代わりに女性からは嫌われてしまう、という欠点も背負ってしまった悲しい男。匠3兄弟の次男でもある。

彼の元を訪ねると、兜製造に関して色々と指南してもらえる。彼の作った兜には長い技術の結晶と、自己犠牲の精神が宿っているという…。

ジャン > 所在地:トキヤ城下町

頭のリーゼントがトレードマークなナイスガイ。彼がよろい製造の匠である。イカした男はセンスがいい、かどうかはともかく、エルマシア随一のよろい匠であることは残念ながら紛れも無い事実である。
リーゼントはかなり維持が大変らしく、常に髪型に気を掛けている。気さくな人柄と冗談のセンスが良いらしく、意外と女性受けはいいらしい。匠3兄弟の長男。

彼の元を訪ねると、よろいの製造に関して色々と教えてくれる。きっと抜群のセンスのよろいの作り方を教えてくれる…ハズ。

ジュダイ > 所在地:トキヤ城下町

思わず触りたくなるような大きな福耳で最近売り出し中の僧正、ではなく杖職人。
やはり元々は僧であったとの話だが、杖の魅力に気がつき、仏の道を捨て、仏の道や魔力を求める道を目指す人々の手助けに、と杖を作り始めて、気がつけば誰もが認める杖の匠となっていた。
説教好きだが、あまり小さな事には拘らない為、杖愛好家からは人気がある。

彼の元を訪ねると説教、ではなく杖の製造について教えてくれる。誰しも彼の福耳を触りたがるが決して触らせてくれないので注意。

シリュウ > 所在地:トキヤ城下町

物心ついた時から槍を扱っていたと語るエルマシア屈指の槍製造の匠。物静かで冷静そうだが、その胸のうちは炎のように熱い。槍を作ることが生涯通しての使命であり、生き甲斐と感じている。
また、自身の槍の腕前も相当のものであり、仕事の手が空いた時や気分転換などに 城で槍の指導をしている時もあるそうだ。

彼に話を聞くと、槍の製造について聞くことが出来る。彼の作る槍は、収束された魂が込められ、相手の心をも貫くだろう。

ティア > 所在地:トキヤ城下町

どこにそんな力があるのかわからないが、大きな金槌がトレードマークとなっている少女がエルマシア大陸において天才と謳われる剣製造の匠である。
ガンフォウと同い年か、それ以下のように見えるが、実は意外と年上。口調もどこかオバサンくさい時もあるが、人生色々あったのだろう。
見かけの割には苦労人。だが機転と頭の良さでここまで育ってきた天賦の才の持ち主。

彼女の元を訪ねると厳しく剣製造について修行させられる。剣の鍛錬と共に貴方の心も打ち直してくれるかもしれません。こんな金槌で打たれたら心も壊れそうですが…。

ファーナ > 所在地:トキヤ城下町

素肌に白衣というお色気抜群の衣装にボサボサしたロングヘアーとメガネが印象的な女性がエルマシアを震撼させた天才化学者兼、薬の匠である。
元々はイクシアの民として静かに暮らしていたが、とある病気の研究も兼ねてエルマシアの中心地であるトキヤに住まうようになった。
独学で薬について学んでいた事から町医者の真似事から始まり、気がつけばエルマシア中から助けを求める人が集まるようになった。名実共に匠と言える人物。しかし、性格にやや難があり、更に気分屋である為に、人間的にはあまり好かれていない。

彼女の元を訪ねると、薬の実験台…もとい、薬の製造に関して指南してもらえる。時にたちどころに病を治し、時に傷を治し、時に人を傷つける彼女の薬はまさに、その人そのものの性格を現しているようである。

フドウ > 所在地:トキヤ城下町

ひたすら剣の道、戦う道を突き進み、武の頂点を極めた男、それがフドウである。
フドウは自らと肩を並べて共に競い合える相手を探すために世界を旅していたが見つからず、今は素質あるものの育成の為に、力を注いでいる。

彼の手にする剣は過去の遺産であり、材質などは一切わかっていない。その切れ味はすさまじく、決して刃こぼれすることはない。

彼の元を訪ねると同時に厳しい修行が始まる。過酷を極める試練が与えられるが、これに耐えてこその修行である。この修行が終われば、きっと相当の強さが身についているはずである。

マサキ > 所在地:トキヤ城下町

甘いフェイスと言葉巧みな話術が人気のベルト職人。あまり人気の無いベルト製造を何故彼が目指したのかはわからないが、彼の作るベルトは性能もさることながら、そのデザインにおいても若いものに大人気である。
時折、ふと見せる沈んだような顔と普段の顔、製造に打ち込む真剣な顔の3種類がギャップがあって良い、と若い娘には評判である。だが、ベルトはあまり売れていない。

彼の元を訪ねると、ベルト製造のノウハウを伝授してくれる。彼の作ったベルトを締めれば、心も引き締まり、強い力となることだろう。

マルアーニ > 所在地:トキヤ城下町

普段はボーっとしているが、靴を作るときもボーっとしている少年がエルマシアでもっとも履きやすい靴を作る匠である。
何か考えているようでただ単にボーっとしているが、時折閃いたように作り出す靴は芸術品ともいえるほどの履き心地と丈夫さを兼ね備えている。匠3兄弟の3男。

彼の元を訪ねると、靴の製造に関して様々なことを教えてくれる。きっとこの靴を履けば、心も軽くなり、足も速くなるだろう。

ミスターM > 所在地:トキヤ城下町

さわやかな笑顔と常に強化され続けるモフモフ、微妙なセンスと派手な格好が目印のミスターM。
彼は召喚獣について様々な知識を持ち、召喚獣の復活や強化の手助けをしてくれる。
但し、それ相応の代償は必要となる。

召喚獣について何か困ったことがあれば、彼を訪ねるといいだろう…。しかし彼が手塩を掛けて育てている「モフ八郎2世」は、なかなか育たないらしい。

案内人 > 所在地:トキヤ城下町

案内人とだけ呼ばれる戦士。彼の役目は黒の大陸からの侵略者監視である。
但し、彼自身はトキヤを守る使命もあり、普段はトキヤの近くで密偵との連絡係を務めている。

いざ侵略者が現れると、彼は冒険者を募って、黒の軍団の討伐を呼びかける。
本当は彼はかなり強いのだが、戦闘に参加しない理由は何かもっと重大な任務があるらしいとのうわさである。

彼が案内する「黒の軍団」との戦いに関してはこちらのページから。

弐号式 > 所在地:トキヤ城下町

いつからそこにいたのか、どこからやってきたのか、誰が作ったのか、壱号式は? などと様々な疑問が湧くロボット。

特定のアイテムを与えると口の中に入れて別なアイテムへと分解するという特殊な能力を備えている。
また人語を解すことが出来るし、話すことも出来る。
恐らくは過去の遺産だろうと言われている。

彼(?)に分解されたアイテムは時折、予想外なものを作り出すことがある。

貿易商人 > 所在地:トキヤ城下町

武器や防具の買取を主に行う商人。貿易商人の名にふさわしく、買った商品は異国へ即売り渡す。
エルマシア製らしくない服もどこかで買ってきたものらしいが、あまり商品自体には興味が無いらしく、その商品が幾らで買えて、いくらで売れるか?にしか興味がわかない根っからの商売人である。

エルマシアでは買取価格などを朱雀官に規制されている関係上、少々やりづらそうだが、エルマシア大陸の武器防具は人気が高く、渋々取引をしているらしい。

ヂド > 所在地:トキヤ城下町

元機械技師であり、現在も空飛ぶ機械を夢見る発明家である。
気さくだが、頑固でヘビースモーカーなおじいちゃん。
思いのままに愛用のスパナをふるい、機械の修理や発明に勤しむ。最近は後継者の育成も目指しているようだ。

彼を訪ねると、製造に関しての知識を教えてくれる。
製造に興味があるならば、是非一度は訪ねるべきだろう。

リコ > 所在地:トキヤ城下町

友達付き合いというものから人間心理を量ろうとする心理学者。その人がどれほどの交友関係を持っているかを、紹介システムを通じて調べて、付き合いなどによって、その友好度を調べている。
友好度が高いと判断されるとFP(フレンドポイント)がプレイヤーに配布される。
リコはFPを便利なアイテムと交換したり、あなたのFPを教えてくれる。友達を広めることでより多くのFPを得ることが出来るぞ!

※フレンドリンクシステムに関してはこちらのページで確認。